人物

渡部建の実家は金持ち?父親の職業や兄弟家族構成について調査!

渡部建さんの衝撃的な不倫ニュースが話題ですね。渡部建さんがやってしまったことは、散々ニュースでも流れているので割愛させて頂きますが、ヒルズの多目的トイレはさすがに引きました・・・。

渡部建さんってお笑い芸人で佐々木希さんと結婚した人で、爽やかなイメージがあったんですが、今回不倫騒動を起こしてしまい、どんな人物なのか気になりました。

渡部建さんの実家については、お金持ちだという噂が出ています。

今回は、渡部建さんの実家はお金持ちなのか、父親の職業や兄弟・家族構成について調べてみました。

渡部建さんのプロフィール

最初に基本的なプロフィールや経歴について振り返ってみます。

生年月日:1972年9月23日

年齢:47歳

出身地:東京都八王子市

血液型:A型

身長:175㎝

出身高校:都立日野高等学校

学歴:神奈川大学経済学部卒業

所属事務所:プロダクション人力車

渡部建さんは大学2年生の時に高校の同級生だった児嶋一哉さんと「アンジャッシュ」を結成します。

児嶋さんとは、高校時代からの付き合いでお互いのことも知り尽くしす長年関係です。

それもあり、今回の不倫騒動も児嶋さんとしても非常にショックな出来事だったでしょう。

アンジャッシュを結成しても、すぐに売れることはなかったのでバイト生活をしたり苦しい生活を送っていました。

芸人として売れな時期に、勉強したり資格を取ったりして、努力してやっと今の地位まで上ってきた渡部建さん。

どこかで、調子に乗っていた部分があったのかもしれないですね。

渡部建の実家は金持ち?家族構成は?

渡部建さんの実家は東京都八王子市にあります。八王子市でも山側の方で、子供時代は高尾山に登ったり、自然がたくさんある環境で育ちました。

小学生から中学生まではずっとリトルリーグで野球をするスポーツ少年だったんです。高校時代は野球部には入らなかったそうですが、卒業後母校の日野高等学校が予選を勝ち抜いて頑張っていることを知り、高校野球のファンになったとか。

家族構成は、両親と、兄、姉の5人家族です。

父親について調べるとお父さんは、元東芝の社員だったんです。

スポンサーリンク

渡部建の父親は東芝の社員

渡部建さんは2018年1月に出演したアメトーークで自分の父親についてこんなことを言っていました。

「俺の父親も島耕作と似てる部分があって元東芝の社員。それで東芝の社長にもなりそうだったんだけどなれなかった。休日は家にも全然いない人で、ゴルフとか行っていたりで家にいることが少なかった。そんな父親を見て育ったから、俺も兄も姉も普通のサラリーマンにはならなかった」

と自分の父親について話していたんです。

元東芝の社員でしかも、社長になりそうだったということはかなりすごい人だったことがわかりますね。

東芝の中でもエリートで、出世されていたんですね。

仕事もキャリアも順調に伸ばしていて、社長になるくらいの方ですから家族より仕事を優先させる時間が多かったのでしょう。

ただ収入はかなりあったと思いますし、渡部建さんの実家はお金持ちだと言われる理由がわかりました。

渡部建の母親はどんな人?

渡部建さんの母親はどんな人なんでしょうか?

父親が東芝の偉い人だったこともあり、専業主婦の可能性が高そうですね。

お母さんについてはこんなエピソードを話しています。

母親は料理が得意で、子供時代はいつも手作りお菓子を作ってくれていたそうです。手作りおやつを毎日作るということは、料理が好きじゃないとそんなことはできません笑

毎日のご飯を作るのも大変なのに、さらに手作りおやつとは、好きな人じゃないとできないことですね。

料理上手なお母さんで、渡部家の夕食は豪華なメニューが並んでいたのかもしれませんね。

お正月にはおせち料理も自分でバッチリ作っていたそうで、市販のおせち料理よりも母のおせちの方が美味しいというくらい料理が上手なお母さんです。

渡部建の兄弟姉妹は?

渡部建さんには、お兄さんとお姉さんがいます。

お兄さんの名前は、寛さんで介護職をされています。お姉さんは優子さんです。

末っ子の渡部建さんは、子共の頃から寛さんと優子さんにとても可愛がられて育ったそうです。

姉の優子さんいわく、渡部建さんとても可愛くて、渡部家のアイドルと話していました。渡部さんが芸人として活躍するようになり、兄姉としても嬉しかったことでしょう。

その弟さんが、今大変な問題を起こしてしまいお兄さんもお姉さんもいたたまれない思いでいっぱいですよね。

しかも内容も引いてしまう内容で、人としての最低限のモラルが感じられません。47歳のいい大人が、自分の行いがどれだけの人を傷つけていることなのか分からなかったのでしょうか。

しっかり自分の責任は果たして頂き、加藤浩次さんが言っていたように、反省して一からやり直すしかありません。